banner

オークションで高値をつけるコツ

中古車相場のオークションで高値をつけるには

現在日本では、ライフスタイルの変化や公共交通インフラの弱体化などの理由により各家庭の自動車保有台数が年々増加しています。特に、鉄道やバスといった公共インフラが年々少なくなってきている地方では、仕事や病院までの通院、通学など日常生活の中で自動車は無くてはならないものとなっています。最近では車検等の維持費が安く燃費が良く、本体価格も普通車と比較して安い軽自動車に注目が集まっています。自動車保有台数が増加すると、新車への買い替えなどにより中古車相場へ中古車が多く流れることになります。中古車相場に流れた中古車はオークションにより値が付くことになりますが、ここで中古車に高値をつけるには何点かポイントがあります。1つ目は該当車がモデルチェンジする前に売りに出すことです。モデルチェンジをすると、モデルチェンジする前の車はたくさん売りに出されることから、需要と供給のバランスが崩れ大きく値を下げてしまいます。売却を決めているのなら、そうなる前に売りに出すことが重要です。2つ目は該当車の性質を考慮して売りに出すことです。例えば、該当車がスポーツカーの場合、冬に売りに出すよりも春や夏に売りに出すほうが需要が増加するため中古車相場で高値が付く可能性が高くなります。また、該当車に雪に強いスタッドレスタイヤを装着していたり、タイヤチェーンを車内搭載している場合は夏よりも秋から冬にかけて売りに出すほうが中古車相場で高値が付く可能性が高いです。3つ目は外装のみならず内装もきれいにしておくことです。よく目立つへこみや傷はもちろんのことですが、内装も綺麗に清掃しておけば高値が付く可能性が高くなります。例えば、車内シートにあるたばこの火の焼け跡やお菓子などの食べこぼしなど、目に見えるところはきれいにしておく必要があります。また、たばこを車内で吸っていた人やペットを車内に入れていた人は、タバコやペットのにおいを極力消すようにすることもオークションで高値をつけるポイントになります。ペットの場合、例えば犬や猫は毛も車内に残っている場合が多いので、きれいに除去することが必要です。4つ目は車体の付属品は保管しておくことです。この場合、車体製造会社の純正品を保管しておくことが重要です。純正品をつけていることでそうでない場合と比較してオークションで高値がつく場合があります。こうしたポイントを見逃すことが無ければ、中古車相場で高値が付く可能性が高いです。

Copyright(c) 2014 車を買い替える時に欠かせない中古車相場を知っておきましょう。 All Rights Reserved.