banner

中古車相場と新車の関係

中古車相場と新車販売の関係について

中古車市場は中古車を求める人の増加に伴ってより大きな市場になってきました。この中古車市場というのは新車とは違い、希望によって生産することができず、誰かが現在使用している自動車を手放すことで初めて市場に放出されるという特徴を持っています。そのため新車に比べると思い通りの車種と状態の中古車を見つけるというのが難しいという特徴があります。
そんな中古車をあえて選ぶ人はやはり中古車最大の魅力である割安さを目当てにしていることが多いのです。中古車を探す場合にあまりに多くのこだわりを持っていると、中々良い車が見つからないばかりか、中古車の魅力である割安さまで失ってしまうことになります。もしも購入する車に譲れないこだわりが沢山あるのであれば新車を検討した方がよいでしょう。新車であれば任意のタイミングで希望する状態の車を作ることができるのです。同じことを中古車でしようとすると見つかるあてのない車を延々と探すことになりますので効率が悪いのです。
このように中古車を購入しようと思うのであれば中古車の特徴や中古車相場を理解しておく必要があります。中古車相場というのは一年を通じて変化をするものであることが知られています。他の商品と同じく在庫が多く存在して商売が盛り上がるタイミングでは相場が高くなります。このタイミングは具体的には2月から3月にかけてであるとされています。このタイミングで中古車は市場に多く流通するために一部の人気車両を除いて中古車相場が安定する時期になります。一般には在庫が増えると価格が下がるものですが、中古車市場は選ぶことができる時期には購入希望者が増加する傾向もあり、人気の車種に関しては相場が高騰する場合もあります。
このような時期に中古車が多く流通する理由としては、毎年年度末に向けて新車販売が強化されるからであるということが言われています。中古車相場に新車が影響するというのは、新車を購入した人がそれまでに乗っていた自動車を手放し、手放した車の一部が中古車市場に放出されるためなのです。一方で中古車販売のピークを過ぎた後は中古車の選択の幅が狭まります。そのため販売台数の低下が発生し、中古車相場は下がることが多いと言われています。しかし相場は下がっても選べる車の数が少ないためそれがよい状態であるのかどうかは疑問が残ります。いずれにしても中古車は欲しい車があるときが買い時であり、相場の下がる時期を待つものではないのと言えます。

Copyright(c) 2014 車を買い替える時に欠かせない中古車相場を知っておきましょう。 All Rights Reserved.